ニュース

少年がマヤ文明の遺跡を発見

カナダに住む15歳のウィリアム・ガードリーという少年が、世紀の大発見をしました。各国のメディアも注目しており、専門家によると、古代マヤ文明のトウモロコシ畑の休耕地ではないかと見られています。

ウィリアム君はとてもユニークな方法で遺跡を探し当てました。古代マヤ人が星を崇拝していたことに着目し、20以上のマヤの星座を、マヤ文明のあるユカタン半島の衛星写真に重ね合わせたところ、117もの都市が星座の位置と一致することがわかりました。

グーグルマップと重ねて調べたところ、星と対応する場所に四角い構造物を発見し、その古代都市に「K’AAK’ CHI’」(火の口)と名付けました。
一部の人類学者や考古学者からは疑問の声もでていますが、少年がこういった発見をするなんてすごいですね。

関連記事

  1. MLB】マリナーズの岩隈久志が13勝目あと1勝で昨年勝利数に
  2. 韓国、ついに対日関係改善に意欲?
  3. スマホユーザーを襲う「ドケルバン病」が大流行!
  4. 【イスラム】日本国内のハラルは信用度ゼロ???
  5. 【超横長切手登場!】疾走感のあるかっこいい切手!
  6. 神戸震災復興記念公園の公式住所が変わる!住所が2転3転している
  7. 【ロト6】当選番号教えます詐欺急増!15億円の被害額!
  8. 個人にやって香りが変わる香水が日本に上陸!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP