ニュース

少年がマヤ文明の遺跡を発見

カナダに住む15歳のウィリアム・ガードリーという少年が、世紀の大発見をしました。各国のメディアも注目しており、専門家によると、古代マヤ文明のトウモロコシ畑の休耕地ではないかと見られています。

ウィリアム君はとてもユニークな方法で遺跡を探し当てました。古代マヤ人が星を崇拝していたことに着目し、20以上のマヤの星座を、マヤ文明のあるユカタン半島の衛星写真に重ね合わせたところ、117もの都市が星座の位置と一致することがわかりました。

グーグルマップと重ねて調べたところ、星と対応する場所に四角い構造物を発見し、その古代都市に「K’AAK’ CHI’」(火の口)と名付けました。
一部の人類学者や考古学者からは疑問の声もでていますが、少年がこういった発見をするなんてすごいですね。

関連記事

  1. 【アメリカ】オバマ大統領・シリア反乱軍を訓練するのに5億ドル
  2. 【逃亡】小保方さん、公開実験初日から逃亡wwww
  3. 【インクが要らない!】永遠に使えてしまう凄いペン
  4. 【海外】反シリア政府派軍司令官の意外な趣味www
  5. 採取した蚊からデングウイルスが検出される!いまも生息している可能…
  6. 大河「軍師官兵衛」効果は144億円に登ることが判明!
  7. 錦織選手 2戦連続4時間超死闘の末4強入り
  8. iPS使った目の難病治療、患者さんへの移植が了承

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP