アプリ

Android版Googleマップに「Driving Mode」追加

米Googleは1月13日にAndroid版「Google Maps」(日本におけるGoogleマップ)をアップデートして、新機能の「Driving Mode」を追加しました。この機能を使用できるのは現段階で米・英・UAE・アイルランド・マレーシア・ニュージーランド・シンガポールの7ヶ国のみだそうです。

この機能を使うとユーザーがマップに登録している自宅と職場、検索履歴・実際の時間と位置情報・公共の交通情報などに基づいてホーム画面を1タップするだけでユーザーの目的地までの所要時間を表示するというものです。
例えばいつもの出勤ルートで交通渋滞が発生していることなどが分かるのでルートを変更したり、もう少し残業をして渋滞の解消を待ってから帰宅することも可能になります。

出典:http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1601/14/news068.html

関連記事

  1. ミサイルから身を守るために備えておくべきこととは
  2. ヒグマの調査をしていたら見つけたのは男性会社員!
  3. Amazon、Androidゲームの専用通貨提供開始
  4. オーストラリアの砂浜で、赤い未確認生物発見
  5. スマホユーザーを襲う「ドケルバン病」が大流行!
  6. 【全米オープンテニス!】チリッチ優勝!
  7. 【サッカー、香川のマンUはあと3日】ドルトムント移籍の可能性も!…
  8. 【賛否両論】社民党の新ポスター「パパは帰ってこなかった」

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP