アプリ

Android版Googleマップに「Driving Mode」追加

米Googleは1月13日にAndroid版「Google Maps」(日本におけるGoogleマップ)をアップデートして、新機能の「Driving Mode」を追加しました。この機能を使用できるのは現段階で米・英・UAE・アイルランド・マレーシア・ニュージーランド・シンガポールの7ヶ国のみだそうです。

この機能を使うとユーザーがマップに登録している自宅と職場、検索履歴・実際の時間と位置情報・公共の交通情報などに基づいてホーム画面を1タップするだけでユーザーの目的地までの所要時間を表示するというものです。
例えばいつもの出勤ルートで交通渋滞が発生していることなどが分かるのでルートを変更したり、もう少し残業をして渋滞の解消を待ってから帰宅することも可能になります。

出典:http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1601/14/news068.html

関連記事

  1. 【栄誉あるラスカー賞!】森和俊教授が選出!
  2. 神戸震災復興記念公園の公式住所が変わる!住所が2転3転している
  3. オーストラリアの砂浜で、赤い未確認生物発見
  4. 【サッカー場での衝撃映像】中国のサッカーの試合で見られたある行動…
  5. ボディソープを使わないメリットとは!福山雅治やタモリが実践!
  6. 【驚きの運転!】びっくりするほど下手な運転の動画
  7. 尾木ママ「“宿題代行業”は「れっきとした『詐欺罪』!!」
  8. 超巨大なかき氷 コレは食べきれない!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP