ニュース

<潮流発電>国内初供給へ

塩釜市・浦戸諸島の寒風沢島で近く、潮の流れを利用した潮流発電による国内初の電力供給が始まります。地元漁協の冷凍冷蔵庫の電源用に送電する実証実験を行います。
成功すれば、電力の問題が解決に近づく画期的な研究になりそうです。

海は1日に2回、満潮と干潮を繰り返す。このとき海水が流れるエネルギーを利用するのが潮流発電だ。安定した発電量が得られる長所がある。
  寒風沢島の潮流発電は、文部科学省のプロジェクトとして2012年、5カ年計画でスタート。発電装置は出力は5キロワットで、寒風沢島の桟橋に近い水深6メートルの海中に昨年11月に設置された。
  同研究所の研究グループは経済産業省の使用前検査を受けた上で、今月26日に住民向けに説明会を開催。3月にも実際の送電を始めたい考えだ。
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150220-00000003-khks-bus_all

関連記事

  1. 【超悲報!】JR北海道、新型特急者の開発を中止!
  2. 【野球ニュース!】大差での盗塁高校野球ならOK!、ダルビッシュが…
  3. 【ヤバイ】韓国経済が遂に終わる?サムスン崩壊の危機
  4. 【インクが要らない!】永遠に使えてしまう凄いペン
  5. 香川エース離脱で中盤の大本命か!
  6. 自動販売機が地震の危険を発信してくれる!
  7. Mr.Childrenの人気はまだまだ冷めない!チケット90万円…
  8. ビールのジョッキ運びでギネス記録!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP