考える

【優しさか】ごんぎつねは自業自得?感情教育の大切さを考える【多様性か】

いま感情教育の重要性と難しさが注目されています。
そんな中、童話「ごんぎつね」を「自業自得だ」と断じられ、戸惑っているという声があるそうです。

みなさんは『ごんぎつね』というお話をご存じでしょうか。
簡単に説明すると、最初はイタズラばかりしている「ごん」というキツネが、あるときから心を入れ替え、兵十(ひょうじゅう)のために食料を運んでくるようになります。ところが、家の前にやってきているごんを見て、イタズラをしているキツネだと思い、兵十は銃で撃ってしまいます。撃ってしまった後になって、兵十は食料を持ってきてくれていたのがごんだと知り、後悔するという物語です。
昔から、国語の教材などにもよく使われている話です。
これはインターネットで話題になっていた話なのですが、「親戚の子どもが、ごんが撃たれたシーンを読んだとき『自業自得だ』『イタズラをしていたんだから、仕方ない』という感想を述べて、どうしたらいいのか困っている」という投稿がされていました。
なかなか難しいシーンだとは思いませんか?

引用元:“『ごんぎつね』のごんは自業自得!?”勉強よりも大切な「感情教育」のポイント
子供には優しい素直な人間になってほしいと思う一方で、「ひとつの正解」に導く教育というのもどうなのか。
難しい問題ですね。

関連記事

  1. 【もはやオリジナル!】中国のパクリ疑惑40選
  2. なぜ地球に宇宙人が来ないの?
  3. 【サッカー場での衝撃映像】中国のサッカーの試合で見られたある行動…
  4. 【盲導犬】盲導犬は痛みに耐える訓練なんてしてませんよ【誤解】
  5. ミサイルから身を守るために備えておくべきこととは
  6. 【逃亡】小保方さん、公開実験初日から逃亡wwww
  7. 「ツバメ」なぜ消えた…実は「人間」こそが天敵だった!?
  8. 【これはアリ?】宿題代行サービス

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP