ニュース

スマホユーザーを襲う「ドケルバン病」が大流行!

近年、PCやスマホを使用することによって、「ドケルバン病」が大流行しているようです。

「ドケルバン病」。異様に迫力のある名前のこの病気、聞くところによると、親指を動かすと親指と同じ側の手首が痛くなる、という症状だそう。その原因になりやすいのがスマホの使い過ぎだという。
「ドケルバン病は『腱鞘炎』の一種です。指などの末端の部分を動かす『腱』という組織がありますが、その腱をぐるりと囲むトンネルのような組織が『腱鞘』。ドケルバン病は、親指側の手首の腱鞘炎を指します。使いすぎなどで腱鞘が炎症を起こして腫れ、親指を伸ばしたり、広げたりする時に、腱がスムーズに通らなくなり、さらなる炎症を起こすのです」と教えてくれたのは、手の病気を専門とする「手の外科」がある、四谷メディカルキューブの医師・平良貴志先生。
原因は主に3つ。スマホやパソコン、スポーツなどでの親指の使いすぎ、もともと腱鞘が狭いなどの生まれつきの特徴、(女性の場合は)ホルモンバランスの変動などの影響が考えられ、これらが複合的に組み合わさることで発症するそう。腱鞘が腫れて肥大化し、指を動かすたびに腱の動きを圧迫、痛みが起こるという。

出典:ライブドアニュース

常に指等を酷使せずに休息をしっかり取ることが必要なようです。

関連記事

  1. 【遂に】集団的自衛権の行使容認が閣議決定!!!
  2. 理研の予算要求2割減額528億円に・・・
  3. スマホが充電できる髭剃りが登場!
  4. 「ツバメ」なぜ消えた…実は「人間」こそが天敵だった!?
  5. MLB】マリナーズの岩隈久志が13勝目あと1勝で昨年勝利数に
  6. 宇宙に新たな7惑星を発見、生命の存在は?
  7. 【栄誉あるラスカー賞!】森和俊教授が選出!
  8. 小栗「ルパン」の山手線が期間限定で走る!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP