ニュース

スマホユーザーを襲う「ドケルバン病」が大流行!

近年、PCやスマホを使用することによって、「ドケルバン病」が大流行しているようです。

「ドケルバン病」。異様に迫力のある名前のこの病気、聞くところによると、親指を動かすと親指と同じ側の手首が痛くなる、という症状だそう。その原因になりやすいのがスマホの使い過ぎだという。
「ドケルバン病は『腱鞘炎』の一種です。指などの末端の部分を動かす『腱』という組織がありますが、その腱をぐるりと囲むトンネルのような組織が『腱鞘』。ドケルバン病は、親指側の手首の腱鞘炎を指します。使いすぎなどで腱鞘が炎症を起こして腫れ、親指を伸ばしたり、広げたりする時に、腱がスムーズに通らなくなり、さらなる炎症を起こすのです」と教えてくれたのは、手の病気を専門とする「手の外科」がある、四谷メディカルキューブの医師・平良貴志先生。
原因は主に3つ。スマホやパソコン、スポーツなどでの親指の使いすぎ、もともと腱鞘が狭いなどの生まれつきの特徴、(女性の場合は)ホルモンバランスの変動などの影響が考えられ、これらが複合的に組み合わさることで発症するそう。腱鞘が腫れて肥大化し、指を動かすたびに腱の動きを圧迫、痛みが起こるという。

出典:ライブドアニュース

常に指等を酷使せずに休息をしっかり取ることが必要なようです。

関連記事

  1. 国防訓練が殴り合いになり負傷者42人に!【ニュース】
  2. 日本ハム・斎藤 5回4失点「まっすぐはよかった。」
  3. ロナウジーニョがフリーに!イングランド6部クラブが興味!
  4. 中国の日本人に対する印象「良くない」過去最多に!
  5. 【超横長切手登場!】疾走感のあるかっこいい切手!
  6. 【神対応のネイマールが罰金!】ネイマール試合中にファンにサインを…
  7. 【県知事降臨】「Let It Go」にあわせて子育て支援!
  8. クルム伊達組【女子ダブルスもベスト4へ!】

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP