スポーツ

「止まらない」人気と危険性!ペダルとブレーキなし自転車が超人気!

自転車とよく似た幼児向けのペダルなし二輪遊具が大人気らしいです。ブレーキもないため、、使い方によっては危険だと国民生活センターなどが注意喚起をしていますが、それでも人気が鳴り止まないらしいです。

真夏の日曜日、大阪城公園。最高気温32・5度の暑さの中、2~6歳の幼児約480人とその保護者が集まった。「世界最年少」の二輪レースとうたった「ストライダーカップ」だ。
「ストライダー」はペダルなし二輪遊具の一番人気のブランドで、レースは販売会社「豆魚雷」(東京)が2010年に始めた。最初は1回で約30人だった参加者が、昨年は4回で延べ2千人に増えた。親子が集まって練習するためのコミュニティーが、この2年ほどの間に各地に生まれた。今ではほぼ毎週末、全国どこかで大会が開かれている状況だという。
子どもたちはヘルメットをかぶり、サドルにまたがり自分の足で走って、止まる。コースにはモトクロスのような障害も設置されている。カーブで曲がりきれず転倒する子どももいる。
子ども以上に熱中しているのが親たちだ。懸命に声援を送り、ゴールした我が子をハイタッチで迎える。
大阪府東大阪市の消防士甲田雅哉さん(42)は「親子のコミュニケーションが格段に増えた」と語る。長男の輝也君(3)は2歳の時の初レースで惨敗。まだ幼いので何も感じないかと思ったら、大泣きした。「悔しさを表現してくれたことがうれしかった。体育会系なんで」。それ以来、親子で練習に取り組み、各地の大会に参加している。

出典:http://www.asahi.com/articles/ASG925TLKG92UTIL02W.html

坂道等で怪我をしたかたもいるらしいので、使用には十分な注意が必要です。

関連記事

  1. 野球、松坂メジャー待ちわびた復帰!
  2. 国防訓練が殴り合いになり負傷者42人に!【ニュース】
  3. サッカー選手ミュラーがマンUのオファーを拒否、「僕のクラブはバイ…
  4. ソニー 無人飛行機開発へ
  5. 【W杯】ブラジル代表ネイマール、飛び膝蹴りを食らって背骨を骨折
  6. 神戸震災復興記念公園の公式住所が変わる!住所が2転3転している
  7. テニスの全米オープンでランク1208位の選手が全豪の準優勝者に勝…
  8. 舛添要一知事 尖閣諸島はわれわれの領土と明言!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP