ニュース

新耐震住宅でも倒壊の恐れが8割!

震度6強~7程度の自身でも耐えることが出来るとされていた、住宅でも建築基準法が再改正される2000年5月以前に建設された木造住宅の約8割は十分な耐震性が無いことが分かりました。

震度6強~7程度の大地震でも倒壊しないとされる「新耐震住宅」でも、建築基準法が再改正される2000年5月以前に建った木造住宅の約8割に十分な耐震性がないことが、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)の全国調査で分かった。国は1981年6月以降に建てられた住宅は安全基準を満たしているとして、耐震化の対象外としている。
木耐協が2006~13年に耐震診断した全国1万8870戸を分析した。
その結果、建築基準法の安全基準を数値化した「耐震評点」が、震度6強で「倒壊する可能性が高い」とされる0・7未満だったのは61%。「倒壊する可能性がある」(同0・7以上~1・0未満)も23%あった。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000000-kobenext-soci

建築基準法が再改正される以前に建設されたものは、今と基準が若干違うようです。対象となる方は、危機感を持っておくことが重要な様です。

関連記事

  1. 【危険ドラッグ店一斉立ち入り!】
  2. 野球、松坂メジャー待ちわびた復帰!
  3. 【全米オープンテニス!】チリッチ優勝!
  4. ロナウジーニョがフリーに!イングランド6部クラブが興味!
  5. <潮流発電>国内初供給へ
  6. 【驚愕】話題の野々村議員がいじられまくってyoutubeランキン…
  7. 【どっきり!】水もまともに飲めない。
  8. 【爆笑】ある兵庫県議が今年で一番面白いと話題にwww

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP