ニュース

中国がフィリピンを無視して南沙埋め立て拡大!

中国がフィリピンを無視して南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で行っている岩礁の埋め立て作業を急速に進めているという報道がされています。

同当局者によると、作業が最も進んでいるのは、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)内にあるジョンソン南礁(フィリピン名・マビニ礁、中国名・赤瓜礁)。埋め立て開始は今年に入り確認されていたが、先月に上空から撮影された写真では陸地面積が大幅に拡大し、2月時点にはなかった護岸や、桟橋のような施設が現れた。陸地にはクレーン車などが置かれ、作業員用の宿舎とみられるコンテナ型の施設の前にはヤシの木も植えられている。
 同礁近くのチグア礁では、コンクリートミキサー車やブルドーザー、ダンプカーなどの建設用車両が多数確認された。ガベン礁でも陸地の面積が広がり、大型船も近づけるようになっている。
出典:http://sankei.jp.msn.com/world/news/140829/chn14082908060002-n1.htm

関連記事

  1. カレー界に期待の新生現れる!どんなカレー?
  2. 野々村県議 異動の過去が判明
  3. 【海外】反シリア政府派軍司令官の意外な趣味www
  4. 【ボンバーマンから見た戦い】ボンバーマンの視点からみた爆弾がヤバ…
  5. Mr.Childrenの人気はまだまだ冷めない!チケット90万円…
  6. LINE 通販など新機能追加!?
  7. アナと雪の女王を各地の方言で「歌ってみた」
  8. 【サッカー場での衝撃映像】中国のサッカーの試合で見られたある行動…

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP