ニュース

中国がフィリピンを無視して南沙埋め立て拡大!

中国がフィリピンを無視して南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で行っている岩礁の埋め立て作業を急速に進めているという報道がされています。

同当局者によると、作業が最も進んでいるのは、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)内にあるジョンソン南礁(フィリピン名・マビニ礁、中国名・赤瓜礁)。埋め立て開始は今年に入り確認されていたが、先月に上空から撮影された写真では陸地面積が大幅に拡大し、2月時点にはなかった護岸や、桟橋のような施設が現れた。陸地にはクレーン車などが置かれ、作業員用の宿舎とみられるコンテナ型の施設の前にはヤシの木も植えられている。
 同礁近くのチグア礁では、コンクリートミキサー車やブルドーザー、ダンプカーなどの建設用車両が多数確認された。ガベン礁でも陸地の面積が広がり、大型船も近づけるようになっている。
出典:http://sankei.jp.msn.com/world/news/140829/chn14082908060002-n1.htm

関連記事

  1. 近年公園の禁止項目が増えすぎ!声を出して遊べないところも!
  2. スマホで操る小型ドローンが発売中!仏Parrot製
  3. 香川エース離脱で中盤の大本命か!
  4. 「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」発表、日本では…
  5. タクシーは突然バックし、乗客をはねた、原因は「悪い癖」
  6. イタリアにスタバが一軒もない理由が判明!
  7. アルピニスト野口健「富士山の登山者が少なくなるのはいいこと!」
  8. 【錦織圭!】最強のジョコビッチ選手に勝利!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP