未来

【新型交差点】ラウンドアバウト、ついに日本でも運用開始【交通安全】

信号機がなくて、危険な「右折」がなく「左折」だけですべての道へ通じていく、ヨーロッパ発祥の新しい交差点「ラウンドアバウト」が、日本でもついに施行となります!

「ラウンドアバウト」は、ヨーロッパでよく見られる信号機がない丸い形の交差点で、通行する車は時計回りに進んで、行きたい方向の道路に出ていく構造になっています。
この交差点では信号待ちの必要がないうえ、対向車と衝突することもなく、円形の交差点を回ることから速度も落とすため、交通事故を防ぐ効果が期待されています。警察庁によりますと、この交差点は宮城県や東京などで合わせて34か所設けられ、通行ルールを定めた改正道路交通法が施行される来月1日から運用されることになりました。
設置されたのは、宮城が最も多く19か所、次いで愛知と長野が4か所ずつ、静岡が3か所、東京、大阪、京都、茨城がそれぞれ1か所となっています。
この交差点は信号機がないために、災害などによる停電の影響も受けにくく、さらに今年度中に15か所で整備される予定です。
警察庁は「新しい交差点で通行のしかたに慣れない人が多いと思うので、時計回りに進むことなど通行ルールを周知していきたい」としています。

引用元:「ラウンドアバウト」 来月から運用開始
「交通量が多過ぎる交差点には向かない」など、もちろん欠点もあるラウンドアバウトですが、普及していくことで交通事故激減の原動力になっていったらいいですね。

関連記事

  1. iPhone 6はモバイル財布機能とうさいするか?
  2. <潮流発電>国内初供給へ
  3. 自動販売機が地震の危険を発信してくれる!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP