ニュース

アマゾン、出版社を格付け影響が懸念される!

ネット書店最大手アマゾンが、出版社を格付けし、自社に有利な条件で契約した出版社の書籍を格付けすることが公開されました。

関係者によると、アマゾンは出版社に対し、複数の契約条件を提示。宣伝契約金や販売手数料の額、電子書籍の品ぞろえなどに応じて、ゴールドやシルバーなど4ランクに分けている。ランク上位になると、同社のホームページ上の「日替わりセール」などで目立たせて紹介するという。
条件を受け入れた出版社は一部にとどまり、格付けの基準などについて曖昧だとする疑問の声も上がっている。文芸春秋は6月に契約を提示され、内容の一部に疑問点があったとして質問状を送付したという。
米国ではアマゾンと出版社の間で電子書籍の価格設定をめぐって争いが起き、著名作家ら900人以上が同社に抗議する意見広告を新聞に掲載した。フランスでは6月、無料配送を禁じる“反アマゾン法”が可決され、アマゾンの市場支配に対する反発が各国で強まっている。

出典:http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/08/28/kiji/K20140828008826540.html

シェアが高いアマゾンなだけに良くも悪くも多大な影響を及ぼしてしまうことが考えられています。賛成と反対の声が大きく分かれてしまっているようです。

関連記事

  1. カレー界に期待の新生現れる!どんなカレー?
  2. タクシーは突然バックし、乗客をはねた、原因は「悪い癖」
  3. イタリアにスタバが一軒もない理由が判明!
  4. 迫る通算3000安打まで176本今後の去就が注目されるイチロー!…
  5. アマゾン、「Fire Phone」を値下げ99セントに
  6. ドイツ46年ぶりに無借金!新規国債発行0
  7. 【県知事降臨】「Let It Go」にあわせて子育て支援!
  8. 【ついにTwitterにきた!】Twitter、ツイート上から購…

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP