スポーツ

高校軟式野球、延長30回突入-最長を更新

第59回全国高校軟式野球選手権大会で準決勝の中京―崇徳が30回にまで突入しました。
過去の記録を更新し最長の試合となったが、常にあきらめない選手達の精神力は素晴らしいものがあると思います。

第59回全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催、朝日新聞社、毎日新聞社など後援)は29日、兵庫県の明石トーカロ球場で、前日延長15回サスペンデッド(一時停止)試合になった準決勝の中京(東海・岐阜)―崇徳(西中国・広島)が16回から再開され、0―0のまま26回に入り、大会史上最長イニングの25回を更新。試合はそのまま30回に突入した。
これまでの最長イニング試合は、第26回大会(1981年)の大津(山口)―口加(長崎)と、第28回大会(83年)の平工(福島)―松商学園(長野)。
硬式の全国高校野球選手権大会の最長イニングは、第19回大会(1933年)の中京商―明石中の延長25回。
出典:Yahooニュース

関連記事

  1. 理研の予算要求2割減額528億円に・・・
  2. ミサイルから身を守るために備えておくべきこととは
  3. 【全米オープンテニス!】チリッチ優勝!
  4. 居酒屋メニューについて「スーパーにあります」といった結果!
  5. 少年がマヤ文明の遺跡を発見
  6. ミラクルシュート!
  7. 【超横長切手登場!】疾走感のあるかっこいい切手!
  8. 【ボンバーマンから見た戦い】ボンバーマンの視点からみた爆弾がヤバ…

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP