スポーツ

高校軟式野球、延長30回突入-最長を更新

第59回全国高校軟式野球選手権大会で準決勝の中京―崇徳が30回にまで突入しました。
過去の記録を更新し最長の試合となったが、常にあきらめない選手達の精神力は素晴らしいものがあると思います。

第59回全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催、朝日新聞社、毎日新聞社など後援)は29日、兵庫県の明石トーカロ球場で、前日延長15回サスペンデッド(一時停止)試合になった準決勝の中京(東海・岐阜)―崇徳(西中国・広島)が16回から再開され、0―0のまま26回に入り、大会史上最長イニングの25回を更新。試合はそのまま30回に突入した。
これまでの最長イニング試合は、第26回大会(1981年)の大津(山口)―口加(長崎)と、第28回大会(83年)の平工(福島)―松商学園(長野)。
硬式の全国高校野球選手権大会の最長イニングは、第19回大会(1933年)の中京商―明石中の延長25回。
出典:Yahooニュース

関連記事

  1. 中国がフィリピンを無視して南沙埋め立て拡大!
  2. イタリアにスタバが一軒もない理由が判明!
  3. 【恐怖のニュース】ゴキブリから7本目の足?
  4. マンホールの蓋で日本の精緻さがわかる!
  5. サッカー選手ミュラーがマンUのオファーを拒否、「僕のクラブはバイ…
  6. 新耐震住宅でも倒壊の恐れが8割!
  7. アメリカで激レアロブスターが発見される。
  8. 居酒屋メニューについて「スーパーにあります」といった結果!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP