ニュース

理研の予算要求2割減額528億円に・・・

理研の予算要求が2割減額され528億円になってかとが報道されました。前年度に認められた予算額を下回る予算要求は極めて異例ということで、今後STAP細胞の兼も含め、注目を浴びていきそうです。

前年度より19%少ない要求額で、前年度に認められた予算と比べても1%(5億円)少ない。
文科省が所管する研究開発関連の独立行政法人は8機関あるが、前年度に認められた予算額を下回る予算要求は極めて異例。文科省は「STAP(スタップ)細胞の論文不正問題に伴う組織改革を最優先し、新規事業をできる限り抑えたため」と説明している。
理研の予算要求の減額は、独立行政法人に指定された03年度以降初めて。14年度の理研の概算要求は、前年度比92億円増の649億円だった。STAP細胞の研究が行われていた発生・再生科学総合研究センター(神戸市)は、大幅な組織の縮小が決まっている。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00050076-yom-sci

関連記事

  1. アメリカで激レアロブスターが発見される。
  2. オーストラリアの砂浜で、赤い未確認生物発見
  3. 高校軟式野球、延長30回突入-最長を更新
  4. 期待が高まるiPhone 6!NFC機能搭載か
  5. MLBいままでに見たことのない守備隊形が出現!
  6. 野々村県議 異動の過去が判明
  7. ヒグマの調査をしていたら見つけたのは男性会社員!
  8. アマゾン、「Fire Phone」を値下げ99セントに

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP