アニメ・漫画

【アニメ】宮崎駿さんにアカデミー名誉賞!

ジブリを代表する監督の宮崎駿氏に、アメリカアカデミー賞から「名誉賞」が贈られることが決まりました!

【ロサンゼルス時事】アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーは28日、アニメ映画監督の宮崎駿さん(73)にアカデミー賞名誉賞を授与すると発表した。映画界への長年の貢献をたたえる同賞を日本人が受賞するのは1990年の黒沢明監督以来24年ぶり2人目。11月8日に米ハリウッドで授賞式が行われる。
宮崎監督は2003年に「千と千尋の神隠し」でアカデミー賞長編アニメ賞を受賞。06年の「ハウルの動く城」に続き、今年のアカデミー賞でも「風立ちぬ」で3度目のノミネートを果たした。宮崎監督は昨年9月に長編アニメ制作からの引退を表明した。
宮崎監督は受賞を受けて「リタイアした人間に賞なんかいらないと本当は思ってますが、光栄です」とコメントを発表。授賞式に出席する意向を示した。
名誉賞は1929年のアカデミー賞創設時に「特別賞」の名称でスタート。その後、名称や性格が変化しており、特定の外国語映画作品を表彰していた50年代に黒沢明監督の「羅生門」、衣笠貞之助監督の「地獄門」、稲垣浩監督の「宮本武蔵」が受賞した。現在は生涯の功績に対して個人を表彰している。(2014/08/29-11:08)

引用元:宮崎監督にアカデミー名誉賞=日本人2人目の快挙-米(時事通信社)
宮崎監督の功績・知名度を考えれば当然と思いたくなる所ですが、素晴らしい事ですよね!
ここは意地を張ることなく、素直に授賞式にでてほしいものです。

関連記事

  1. 韓国、ついに対日関係改善に意欲?
  2. 中国の日本人に対する印象「良くない」過去最多に!
  3. 少年がマヤ文明の遺跡を発見
  4. 舛添要一知事 尖閣諸島はわれわれの領土と明言!
  5. 【コミック誌にこの値段!】スーパーマン掲載コミックが約3億300…
  6. 【もはやオリジナル!】中国のパクリ疑惑40選
  7. スマホが充電できる髭剃りが登場!
  8. 水鉄砲で1年戦争

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP