ニュース

アメリカで激レアロブスターが発見される。

米メイン州の水族館では今、非常に珍しい青いロブスターの姿を拝めることができるとして話題になっています。

父親とともにロブスタービジネスにあたっている弱冠14歳の少女が見つけたものである。
米メイン州はロブスターの一大産地としても有名。地元メディアの『WCSH』が伝えているところによれば23日、大きなクーラーボックスを肩に父親とともにオールドオーチャードビーチでロブスタートラップの確認を行ったメーガン・ラプラントさん(14)は、そこに大変珍しい青いロブスターを発見した。
メーガンさんはそのロブスターを“Skylar”と名付け、「メイン州立水族館」に持ち込み、展示してもらうことに。その話題はあっという間に広まり、Skylarはすっかり水族館のスターとなっているそうだ。専門家はこの青いロブスターを「遺伝子の突然変異により、殻に本来あるべき黄、青、赤の色素の1つが欠損していると、200万匹に1匹の割合でこういう珍しい色のロブスターが生まれます」と説明している。

出典:ライブドアニュース

200万匹に1匹が生まれるということで大変貴重なロブスターを発見したことになります。

関連記事

  1. ソニー 無人飛行機開発へ
  2. 錦織選手 2戦連続4時間超死闘の末4強入り
  3. 【イスラム】日本国内のハラルは信用度ゼロ???
  4. 採取した蚊からデングウイルスが検出される!いまも生息している可能…
  5. 【超悲報!】JR北海道、新型特急者の開発を中止!
  6. 【仰天!】激辛バーガー試食の記者2人、あまりの辛さで病院へ
  7. 超巨大なかき氷 コレは食べきれない!
  8. 新宿焼身自殺 【閲覧注意】新宿駅南口で焼身自殺が発生

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP