ニュース

多様性が失われるソーシャルメディア、議論をしたくないとの意見多数!

意見の多様化が期待されるソーシャルメディアですが、大半の人が、意見を出したくないとの声が多いとのことが分かりました。
多様な意見が飛び交うことが魅力で、異質な者同士が結びつく可能性があることが魅力なソーシャルメディアですが、投稿したくないと拒むひとも多いようです。
<blockquote>
スノーデン容疑者によるNSA(米国防総省・国家安全保障局)の機密文書暴露事件を例に、Pewの調査では次のように報告している。
スノーデン-NSA物語について、米国人の86%もが個人的に議論したがっているのだが、ソーシャルメディアに投稿したいと答えた人はフェイスブックやツイッター・ユーザーの42%しかいなかった。つまり自己主張したくても、ソーシャルメディアでの投稿を遠慮している人が半数近くいるということだ。
次の表は、政府による情報監視問題についての議論に、どのような環境下であれば加わりたいかとのアンケート結果(約1年前の調査)である。
政府の情報監視問題を議論する場はどこか。Pewの調査結果
政府の情報監視問題を議論する場はどこか。Pewの調査結果
約75%前後の人が、リアルな環境(会食時)で家族や友人となら議論したいと答えていた。一方でフェイスブックやツイッターの場の議論に加わりたいと答えた人は約40%に過ぎなかった。ソーシャルがリアルの代替になりえていないようだ。
出典:Yahooニュース
</blockquote>

関連記事

  1. 【遂に】集団的自衛権の行使容認が閣議決定!!!
  2. ヒグマの調査をしていたら見つけたのは男性会社員!
  3. アルピニスト野口健「富士山の登山者が少なくなるのはいいこと!」
  4. 【栄誉あるラスカー賞!】森和俊教授が選出!
  5. 錦織選手 2戦連続4時間超死闘の末4強入り
  6. 迫る通算3000安打まで176本今後の去就が注目されるイチロー!…
  7. 新宿焼身自殺 【閲覧注意】新宿駅南口で焼身自殺が発生
  8. 犬が市長に当選!人間に50%の差をつける。

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP