ニュース

イオン、本物の毒物を混入!中国産米を超えた?

大手スーパーマーケットのイオン九州でクサフグと思われる稚魚が混入している可能性があると発表した。クサフグは猛毒を抱えているので非常に危険とのことです。
<blockquote>
大手スーパーマーケットのイオン九州(本社・福岡市)は26日、大分市高城(たかじょう)西町のイオン高城店で同日販売した豆アジの中に、クサフグと思われる稚魚が混入している可能性があると発表した。クサフグには猛毒があり、同社は食べないよう呼びかけている。
同社によると、同日、大分市内の水産会社から仕入れた豆アジを高城店で1パックに10匹前後を詰めて販売。22パックが売れ、昼ごろ、まだ売れずに店頭にあった14パックのうち1パックにクサフグと思われる1匹が混入しているのを店員が見つけた。同日午後7時40分までに12パックを回収したが、混入はなかった。
出典:Yahooニュース
</blockquote>
なぜ起こったのか、今後こういった事例が起こりえるのかが気になるところです。

関連記事

  1. 【amazon】遂にスマホ事業への参入!他にはない機能があるぞ!…
  2. 【錦織圭!】最強のジョコビッチ選手に勝利!
  3. ソニーが腕時計型など端末を発表!
  4. 【中国食の問題!】今度は豚足
  5. オーストラリアの砂浜で、赤い未確認生物発見
  6. 【超悲報!】JR北海道、新型特急者の開発を中止!
  7. 【ヤバイ】韓国経済が遂に終わる?サムスン崩壊の危機
  8. ビールのジョッキ運びでギネス記録!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP