ニュース

ヒグマの調査をしていたら見つけたのは男性会社員!

ヒグマを調査中の知床財団の職員はヒグマの調査をしていたところ、発見したのは男性の会社員であったというニュースが報道されました。
<blockquote>
北海道の知床連山で17日から行方不明となっていた札幌市白石区菊水3の5、会社員難波敏次さん(42)が24日午前9時30分頃、ヒグマを調査中の知床財団の職員に発見された。
右足のかかとの骨が折れているものの、命に別条はないという。
斜里署の発表によると、難波さんが発見されたのは斜里町側にある知床大橋の約4・5キロ先の林道ののり面で、木につかまっていた。署員に「沢を間違えて滑落した。迷っていると洞穴があり、そこで予備の食料を食べて数日を過ごした。ヒグマには遭遇しなかった」などと話した。食料がなくなり、24日は地図を頼りに自力下山を試みたという。同署は回復を待ち、さらに詳しく状況を聞く予定だ。

出典:読売オンライン

</blockquote>
ヒグマの調査にいかなければ男性の発見が遅れている可能性があったため、偶然をよんだニュースといえそうです。右足のかかとの骨が折れているものの、命に別条はないとのことなので無事に救出されたみたいです。

関連記事

  1. マンホールの蓋で日本の精緻さがわかる!
  2. 【栄誉あるラスカー賞!】森和俊教授が選出!
  3. 【驚愕の真実】LINE詐欺犯 中国のLINE社員からアカウント情…
  4. アマゾン、出版社を格付け影響が懸念される!
  5. ロナウジーニョがフリーに!イングランド6部クラブが興味!
  6. スマホユーザーを襲う「ドケルバン病」が大流行!
  7. マイクロソフトがIEの名称を変える?
  8. 多様性が失われるソーシャルメディア、議論をしたくないとの意見多数…

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP