科学

【自分の分身が球場で応援!】韓国の新技術による野球観戦方法が斬新

プロ野球観戦の最大の魅力は「生観戦」。「もっと近くで応援したい!」という希望を叶える斬新な技術が韓国で導入されました。
韓国プロ野球で新しく導入されたその技術の名前はFAN BOT。15年もの間優勝から遠ざかっているハンファ・イーグルスという球団がファンに興味を持ってもらえるように作ったものです。
その正体は “人型ロボット” となっていり、球団のユニフォームをきていて顔には液晶ディスプレイが付いています。インターネット端末から送信されたメッセージを表示、さらには応援歌を歌い、ウェーブを起こすことも可能です。
はたしてこのロボットが観戦方法として採用される日がくるのでしょうか?
[mom_video type=”youtube” id=”BBiRLYu8Wjo”]

関連記事

  1. デング熱に初のワクチン=効果確認、近年にも実用化か!
  2. コーラに牛乳を入れるとこうなる!予想外の出来事!
  3. スライムを真空に入れたら
  4. 外出先から家電を操作できる機器を開発!
  5. 【とってもクリアな車】本物の氷で出来てる車で走る
  6. 【トリビア】すべての哺乳類がおしっこにかかる時間は21秒!
  7. 日立、省エネ性能UPの新LED電球!
  8. 【世紀の大発明!】新開発の歯ブラシ!

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP