世界

【イスラム】日本国内のハラルは信用度ゼロ???

厳格な戒律と狭義で知られるイスラム教。
食事にも厳密に決められたルールがあり、それに則った食材・調理法で作らなければならないそうです。
このルールに遵い、イスラム教徒が食べてもいい食事を提供する。
これを「ハラル」と呼びます。
世界人口の4人に1人、19億人がイスラム教徒で、この巨大市場を狙って日本企業も「ハラル」参入に意欲を見せる所が多いそうですが…
残念ながら、課題は山積みのようです。

この数年でハラルビジネスがカネになるとみて、ハラルマーク発行団体が乱立。かつて1ケタだった団体数が、今や80とも90ともいわれるほどに増大している。イスラムの教えに厳格な団体もあれば、明らかにブームを当て込んで設立されたとみられる団体など、まさに玉石混淆状態なのである。
(略)
食材がハラルでも、調理方法がハラルでなければ、それはハラルな食事とならない。野菜は基本的にハラルだが、過去に豚肉を切った包丁で野菜を刻むだけで、その野菜はハラムになる。
(略)
「旅行中ならば、ある程度戒律を逸脱しても、大丈夫だと聞いている。だから厳密なハラルフードでなくてもいいはず」と、決めつける飲食業者もいる。これに対し、「これくらいいいだろうと提供者が判断するものではない。食べる人の判断に任せるべき」と、日本ハラール協会のレモン史視・理事長は憤る。
(略)
豚肉やアルコール、アルコール添加のしょうゆを摂取したからといって、健康上の被害やアレルギーが出るわけではない。が、それらは作為、不作為にかかわらず、ムスリムを貶めるだけでなく、宗教をも侮辱することになる。「放置すれば宗教問題として、国際的な紛争になりかねない」と、日本ムスリム協会の徳増公明会長も憂慮する。
引用:そのハラル、大丈夫?マーク発行団体が乱立

イスラム教徒19億人は捨て置けないけれど、アルコールを出せず、そして高価なハラル食材を使ったりすれば、飲食店として経営が成り立ちにくい………という大きなジレンマもあったり。
イスラムの観光客がたくさん来るようになれば解決するんでしょうけど、そのためにはこの「日本のハラルは大丈夫」と、国際的に認められるようにならないとですね。
数々の分野で世界を席巻した、日本の「職人気質」で、「最高のハラル基準」を実現してもらいたいものです。

関連記事

  1. オーストラリアの砂浜で、赤い未確認生物発見
  2. 【コミック誌にこの値段!】スーパーマン掲載コミックが約3億300…
  3. 【もはやオリジナル!】中国のパクリ疑惑40選
  4. 中国の日本人に対する印象「良くない」過去最多に!
  5. 武井壮 「アイスバケツチャレンジ」辞退!周囲から支持の声
  6. 【賛否両論】社民党の新ポスター「パパは帰ってこなかった」
  7. 【LOVE】日本人にハグしてくれる韓国の人たちが泣ける【PEAC…
  8. 【海外】反シリア政府派軍司令官の意外な趣味www

人気のある記事

トップニュース

PAGE TOP